海外ではVIO脱毛が特に重要視されている

ミュゼ100円

 

日本と海外ではムダ毛に関する意識に違いがあるようです。

 

日本でもほとんどの方がムダ毛の処理をされていらっしゃるかと思いますが、腕と脚だけという方がとても多いように感じます。

 

日本では、ムダ毛をカミソリや毛抜きなどを使って自己処理している方が多いのですが海外では脱毛でムダ毛を処理することが当たり前、というよりも常識と言っても過言ではないほど、ほとんどの方が脱毛しているんです。

 

脱毛エステサロンに通っているという日本人も最近ではとても増えてきているのですが脱毛エステサロンに通ってムダ毛のお手入れをするのが当たり前、というところまではまだまだありませんよね。

 

海外では脱毛エステサロンや美容クリニックや医療機関で脱毛をすることが当たり前でとくに「VIOライン脱毛」が重要視されています。

 

「VIOライン脱毛」というのは、Vライン・Iライン・Oラインと呼ばれている陰毛のムダ毛をお手入れすることです。

 

外国人の方の腕や脚のムダ毛を見たことはありませんか?

 

女性の方でも腕にムダ毛がモサモサと生えているのを私は見たことがあります。

 

脚のムダ毛も膝から上の部分はお手入れをしていないようでした。

 

顔の産毛も全くお手入れしていなかったんです。

 

海外では、VIOラインのムダ毛をお手入れすることが重要視されていますがそれ以外の部分のムダ毛はあまり気にしてしない方が多いようで、VIOライン以外ではワキのお手入れをするくらいなのだそうです。

 

中には、女性でもワキのムダ毛を伸ばしたままだという方もいらっしゃるようです。

 

日本人の肌は黄白色と言われていますが、白い肌に黒いムダ毛が生えてくるから目立つし気になってしまうんですよね。

 

外国人の方のムダ毛って、あまりムダ毛に色素がないので目立つこともほとんどないですよね。

 

金毛から白毛というほどムダ毛に色素がない方もいらっしゃいますし黒い毛ではないことから目立ちませんし、気にならないのも日本人からすると納得できてしまう部分もあるのではないでしょうか。

 

また、宗教によって男性も女性もムダ毛のお手入れをしている国もあります。

 

ムダ毛があると美しくない、恥ずかしいなどの理由からではなく宗教によって体毛を処理するように義務付けなれているというのです。

 

肌の色や毛の色、宗教や考え方など国によってそれぞれですし、日本人だってムダ毛に対して全ての方が同じ考えなわけではないものですよね。

 

海外セレブの中には、ワキのムダ毛をあまり処理していなかったことで写真を撮られてしまったことがあったりワキのムダ毛をファンに見せてあげるというパフォーマンスをされているアーティストの方もいらっしゃるようなのですが日本では考えられないことですよね。