脱毛にも実はとても深い歴史が!

脱毛は、最近になって行われるようになった美容方法ではないんです。

 

有史以前から脱毛という美容が行われていたのではないかと言われているんです。

 

有史以前は現代のようにムダ毛を処理するためのアイテムもありませんし、もちろん脱毛エステサロンなどの施設もありませんから鋭利な刃物などを使ってムダ毛の処理が行われていたのではないかとされています。

 

脱毛剤が使用されるようになったと考えられているのは、紀元前3000年から4000年頃で地中海地方や古代オリエントにおいて脱毛剤が使用されていたというのです。

 

硫黄や石灰やでんぷんなどを水でペースト状にしたものだったのだそうでオリエントのハレムの女性たちが使用していたんだとか。

 

さらに紀元前1500年頃には、エジプトでも脱毛剤が使用されていたと言われています。焼いた蓮の葉などとカバの脂肪を加えたものを脱毛剤として使用していたそうです。そして、みなさんもご存知のクレオパトラですが紀元前30年頃から40年頃、当時に流行っていた脱毛剤を使用していたと言われています。

 

古代エジプトの工芸品の中にはカミソリなどもあったようで、脱毛剤以外にもカミソリを使ったムダ毛の処理も行われていたのではないでしょうか。

 

では、日本ではどのような脱毛の歴史があるのでしょうか。

 

平安時代の日本の貴族たちは、額の形を整えるために額にある余計なムダ毛を抜いていたと言われているのですが平安中期の頃からムダ毛や美容に関する関心はとても高かったようです。

 

軽いしを使って陰毛を切り取ったり、線香で焼いたりするなどアンダーヘアーも平安時代にはお手入れがされていたようで、いつの時代も女性がムダ毛を気にする部位なのですね。

 

江戸時代の書物によると、腕や脚などのムダ毛を処理するために日本でも脱毛剤が使用されていたようで木の実から抽出した油と軽石を砕いて作った粉を混ぜたものでムダ毛を処理していたようです。

 

ヘチマ水をアフターケアとして使用していたとも言われています。

 

近い歴史の中ではこのようなものがあります。

 

1960年代、海外のファッションが日本へ入ってきたことにより、ワキのムダ毛を処理するようになったそうです。

 

1970年代には、ブレンド脱毛器というものが輸入され、電気脱毛技術者によって脱毛施術が行われるようになり
1997年には、日本にもレーザー脱毛器が輸入されます。

 

1999年には、メンズエステ(男性専用)が急速に広がり
2000年代には、フラッシュ脱毛が脱毛エステサロンで多く採用されるようになりました。

 

脱毛も着々と進化していますね(^^♪

 

>>一番安く脱毛したいならこちら